contactbar.png

title_logo.pngmenu_about_showover.pngmenu_spacer.pngmenu_info_await.pngmenu_info_await.pngmenu_spacer.pngmenu_saloon_await.pngmenu_saloon_await.png

top_main.png

charon_spacer.png
乳房再建の経験者が集い、情報を共有し、

再建を予定している人、興味のある人、迷っている人達と、なごやかに歓談できる場所。

それが群馬県発、乳房再建ネットワーク「シャロン前橋」です。

今、乳房再建への関心が高まっています。

シリコン挿入、脂肪注入、自分の筋肉や脂肪の移植など、術式は様々です。

「その切除痕にふさわしい再建は?」

「温存したものの、ずいぶん変形している。再建で形を整えられますか?」

「病期が進んでいたので放射線をあて、抗がん剤治療も受けた。再建はあきらめるべきでしょうか?」

答えは一つではありません。再建手術の経験者が体験を語ります。

乳がんを宣告されて途方に暮れている方、再建手術を切望している方、

病期を克服して第二の人生を歩もうとしている方、街角サロン「Charon.m」に、お立ち寄り下さい。

参加者はその場で再建乳房の外見と手触りを確認できます。

(参加は女性に限ります)

サロンの日時、場所などの詳細情報はサロンページをご覧下さい
(原則として開催日は偶数月の第2土曜日の午後2時からです。)



「シャロン前橋」は「地域がんサロンぐんま」と連携して活動を進めています。

logo.png
(ホームページはこちら)
main_bottom_spacer.png
border_charon.png
main_bottom_spacer.png
シャロンの牧場(まきば)は、乳と蜜の流れる広い豊かな土地として、

旧約聖書に記された、理想郷です。
main_bottom_spacer.png
border_volunteer.png
main_bottom_spacer.png
再建経験者のボランティアを探しています。

同病で悩んでいる女性のために、是非、力をお貸し下さい。
main_bottom_spacer.png
border_profile.png
main_bottom_spacer.png

進行役 = 篠原 敦子 (しのはら あつこ)
群馬県前橋生まれ

2006年8月
右乳房全摘手術(リンパ節8箇所転移)後、抗がん剤治療を受け、現在もホルモン療法を続けている。
2011年11月
穿通枝皮弁による乳房再建手術を受ける。(執刀医は横浜市立大附属市民総合医療センター 形成外科、佐武利彦医師)

「その夏、乳房を切る めぐり逢った死生観」(創栄出版 2008年)で
開高建ノンフィクション賞最終候補となる。群馬県文学賞(随筆部門)受賞。
他に「懐かしい月を抱いて 私の乳房再建」(上毛新聞社 2013年)などの著書がある

main_bottom_spacer.png
border_contact.png
main_bottom_spacer.png
ご意見・ご質問等はcharon.maebashi@gmail.comまでお願い致します。
main_bottom_spacer.png
totop.png
main_bottom_spacer.png